分析表一覧
01.50項目 水道法水質基準
02.PCB
03.ダイオキシン類
04.栄養成分表示(栄養表示基準)を含む11項目
05.ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド
06.10年前に充填した水との比較分析
07.2013年02月01日 芽胞形成亜硫酸還元嫌気性菌・腸球菌・緑膿菌
08.ミネラルウォーター類原水基準(18項目)
09.2013年02月27日 塩基配列の解析
水道法水質基準
2015年(平成27年)51項目水道法水質基準
 
2010年(平成22年)50項目水道法水質基準
 
2009年(平成21年)51項目水道法水質基準
2006年(平成18年)50項目水道法水質基準
第206090781-001号
2006年(平成18年)10月04日
依 頼 者 株式会社 南紀白浜富田の水
検 体 名 南紀白浜 富田の水
検体採取時刻 2006年(平成18年09月08日 13時00分
検体採取場所 和歌山県西牟婁郡白浜町十九渕778-2
検体採取者氏名 加藤正美
検体採取者所属 株式会社 南紀白浜富田の水
2006年(平成18年)09月11日 当センターに提出された上記検体について分析した結果は次のとおりです。 
分 析 試 験 項 目 基  準 結  果 検 出 限 界 方法
一般細菌 集落数100以下/ml 30以下/ml   1 1
大腸菌 検出されない 検出せず   1 2
カドミウム及びその化合物 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 3
水銀及びその化合物 0.0005mg/L以下 検出せず 0.0001mg/L 1 4
セレン及びその化合物 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 5
鉛及びその化合物 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 6
ヒ素及びその化合物 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 5
六価クロム化合物 0.05mg/L以下 検出せず 0.005mg/L 1 3
シアン化物イオン及び塩化シアン 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 7
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10mg/L以下 検出せず 0.2mg/L 1 8
フッ素及びその化合物 0.8mg/L以下 0.22mg/L   1 8
ホウ素及びその化合物 1.0mg/L以下 検出せず 0.1mg/L 1 3
四塩化炭素 0.002mg/L以下 検出せず 0.0002mg/L 1 9
1,4-ジオキサン 0.05mg/L以下 検出せず 0.005mg/L 1 10
1,1-ジクロロエチレン 0.02mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
ジクロロメタン 0.02mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
テトラクロロエチレン 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
トリクロロエチレン 0.03mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
ベンゼン 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
クロロ酢酸 0.02mg/L以下 検出せず 0.01mg/L 1 11
クロロホルム 0.06mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
ジクロロ酢酸 0.04mg/L以下 検出せず 0.004mg/L 1 11
ジブロモクロロメタン 0.1mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
臭素酸 0.01mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 12
総トリハロメタン(クロロホルム,ジブロモクロロメタン,ブロモジクロロメタン及びブロモホルムのそれぞれの濃度の総和) 0.1mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
トリクロロ酢酸 0.2mg/L以下 検出せず 0.02mg/L 1 11
ブロモジクロロメタン 0.03mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
ブロモホルム 0.09mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 9
ホルムアルデヒド 0.08mg/L以下 検出せず 0.001mg/L 1 13
亜鉛及びその化合物 1.0mg/L以下 検出せず 0.005mg/L 1 3
アルミニウム及びその化合物 0.2mg/L以下 検出せず 0.02mg/L 1 3
鉄及びその化合物 0.3mg/L以下 検出せず 0.03mg/L 1 3
銅及びその化合物 1.0mg/L以下 検出せず 0.01mg/L 1 3
ナトリウム及びその化合物 200mg/L以下 13mg/L   1 3
マンガン及びその化合物 0.05mg/L以下 0.021mg/L   1 3
塩化物イオン 200mg/L以下 6.1mg/L   1 8
カルシウム,マグネシウム等(硬度) 300mg/L以下 56mg/L   1 14
蒸発残留物 500mg/L以下 120mg/L   1 15
陰イオン界面活性剤 0.2mg/L以下 検出せず 0.02mg/L 1 7
ジェオスミン 0.00002mg/L以下 検出せず 0.000002mg/L 1 9
2-メチルイソボルネオール 0.00002mg/L以下 検出せず 0.000002mg/L 1 9
非イオン界面活性剤 0.02mg/L以下 検出せず 0.005mg/L 1 16
フェノール類 0.005mg/L以下 検出せず 0.005mg/L 1 7
有機物(全有機炭素(TOC)の量) 5mg/L以下 検出せず 0.3mg/L 1 17
pH値 5.8以上8.6以下 8.1(21℃)   1 18
異常でない 異常なし   1 19
臭気 異常でない 異常なし   1 19
色度 5度以下 1度以下   1 20
濁度 2度以下 1度以下   1 21
判 定 : 50項目について水道法水質基準に適合。

注1. 水質基準に関する省令(平成15年厚生労働省令第101号)によった。
方法1. 標準寒天培地法 方法2. 特定酵素基質培地法
方法3. 誘導結合プラズマ発光分光分析法 方法4. 還元気化-原子吸光光度法 
方法5. 水素化物発生-原子吸光光度法 方法6. 誘導結合プラズマ質量分析法
方法7. 流路型吸光光度法 方法8. イオンクロマトグラフ法
方法9. パージ・トラップ-ガスクロマトグラフ-質量分析法 方法10. 固相抽出-ガスクロマトグラフ-質量分析法
方法11. 溶媒抽出-ガスクロマトグラフ-質量分析法 方法12. イオンクロマトグラフ-ポストカラム吸光光度法
方法13. 溶媒抽出-誘導体化-ガスクロマトグラフ-質量分析法 方法14. 滴定法
方法15. 重量法 方法16. 固相抽出-吸光光度法
方法17. 全有機炭素計測定法 方法18. ガラス電極法
方法19. 官能法 方法20. 比色法
方法21. 比濁法    
      以上
       
試験依頼先 財団法人日本食品分析センター  
試験成績書発行年月日 2006年(平成18年)10月04日  
試験成績書発行番号 第206090781-001号  
▲ページ先頭へ
商品出荷定休日
印の日は商品の出荷・メール返信が休みです。
メールの返信は営業日であっても時間帯によりお返事が翌営業日になることがございます、ご了承下さい。